求人を探している人の画像

求人を探求せよ

求人は今の時代、インターネット等で検索すれば出てこないことはないぐらい溢れていますが、記載されている情報が正しいとも限りません。求人に書いてあることを正しく読み取る力を養い、自分が求めている求人を選びましょう。

求人内容を深く読む

とても残念なことですが、求人企業は通常その企業にとって、都合の良いことだけを考えて活動しています。裏返せば、応募してくる人の応募動機や入った暁にやりたい仕事、大事にしている仕事信条などを面接試験で尋ねますが、その意図はその人をその企業で使うのに都合がいいかとか、便利かとかの視点で見ているというわけです。
その人を、仕事を通じてどう伸ばすとか、一人前として活躍してもらうために、入社した後どうフォローするかというようなことは、まったくとは言わないまでも、ほとんど考えていません。
一事が万事、こういうことになるので、求人企業に応募するに当たっては、まず求人内容を深く読む必要があるのです。
募集要項に書かれた職種や仕事内容だけでは、本当の意図までは読み切れないからです。募集するに至った経緯や背景などを記載しているケースは稀であり、ほとんどは書いていないので、なおさらということが言えます。
では、どうしたらいいかというと、企業訪問し、直接担当窓口にお伺いするのが、一番の早道であり、正しいことがつかめます。そこで、多少の時間のやりくりをしていただいて、自分の思っていることや聞きたいことなどを説明し、お相手をしてくださった方から、本音などを聞くことによって、求人内容の掘り下げが可能になります。
そんなことをすると、担当者の方に嫌われ、候補者が複数いる場合などでは、マイナス評価になってしまうのではないか、などと思う人もいますが、そんなことは考えなくても大丈夫です。
むしろ熱心さや積極性が買われることになりますし、入社してからの研修なども含めた育て方や使い方なども考慮してくれることに結びつくことになります。
不思議といえば不思議ですが、人と人のつながりは、可能性を大きくする作用をもたらしますので、その意味でも、フェース・ツウ・フェースでのお話は重要なのです。

■WEBデザイナーの仕事に興味がある方へ
WEBデザイナーの求人お役立ち情報